ドッグフード評価記事

【フィッシュ4ドッグ(スーペリア)】かなりオススメのドッグフードです。理由は原材料表示

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※当サイトではアフィリエイト広告を利用している場合があります。

 

ドッグフードにおける広告についてこちらの記事で説明しておりますので、良かったら読んでみて下さい。

ドッグフード評価サイトにも『ステマ規制』!当サイトの広告について改めて説明しておきます!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

当サイトでは様々なドッグフードを紹介しています。ドッグフードって同一犬種であっても性格や生活環境が異なる。だからこれが正解!ってものはないのですが、1つ自信を持ってこれはぜひ試して欲しいって事があります。それは・・・

 

魚を主原料としたフードを試して欲しい。

 

これです。魚自体が低アレルギー、アミノ酸バランスが良いなどいくつかの理由はありますが、最も大きな理由として『オメガ3脂肪酸がDHA・EPA主体』って事。

 

ドッグフードって大抵のものはAAFCO(米国飼料検査官協会)の基準を満たして『総合栄養食』として販売されています。AAFCOにもオメガ3脂肪酸の基準値ってありますが、はっきり言って最低限の数値。つまり総合栄養食だから栄養バランスが良い、って事でもない

 

あと原価や原料自体の扱いが難しいって点でオメガ3脂肪酸源が魚系のEPA・DHAではなく、亜麻仁が使用されている事が多いです。亜麻仁のオメガ3脂肪酸ってαリノレン酸となり、これって犬が利用しにくいオメガ3脂肪酸なんですよね・・・

 

亜麻仁とサーモンオイルの違い

 

つまり魚を主原料としたドッグフードってハズレが少ない。

 

もちろん肉系を主原料にしているフードでもオメガ3脂肪酸についてよく考えられているフードもあります。でもそれを判断するのって難しくないですか??

 

なので悩んだら魚を主体としたフードにする。これってありだと思うですよ。

 

ただ魚主体と言っても落とし穴はあります。それは『魚粉』という表示のものはやめておいた方が良い。これはですね・・・わたし飼料会社で働いていた時に、主に扱っていた動物性タンパク源が魚粉なんですよ。なので品質にかなりの差がある事はわかります。

 

特に注意して欲しいのは『国産の魚粉』です。なんとなく『国産』ってなると品質が良い気がしません??これ間違いです。

 

国内で発生した食品の加工残渣、養殖場での斃死魚、これらをかき集めて魚粉にする。ただそのままでは成分値(特にタンパク値)が安定しない。成分がバラバラだとドッグフードメーカーも困るでしょ?

 

そこでどうするか??

 

輸入魚粉を混ぜてタンパク値の調整を行います。これを業界用語で調整魚粉と言ったりします。

 

特に大手メーカーのドッグフードにはこういった物が使われているケースがあり、注意が必要。まあ調整魚粉も資源の再利用という点では一概に悪とは言えませんけどね。

 

という訳で魚を主体としたドッグフードはオススメ!ただし以下の点に注意して選んであげて下さい。

 

魚主体のドッグフードを選ぶ際に注意する事

 

で、ここからが本題。魚系ドッグフードは良いものたくさんありますが、特にオススメしたいのがタイトルにもあるように『フィッシュ4ドッグ スーペリア』ですね!これイギリスが原産国のプレミアムドッグフードなのですが、何が良いって使用している全ての原料が割合(%)表示されている、って事です!

 

ここまで詳しい原料表示されているドッグフードってまずないですよ。動物性タンパク源だけは割合表示されているものありますけどね。フィッシュ4は動物性タンパク源以外も全て何%使用しているか記載されています。

 


 

では記事本文でより詳しく説明していきます。

 

フィッシュ4ドッグ|原材料全て割合表示している事がなぜ素晴らしいか??他のフードと比較すると・・・

フィッシュ4ドッグが素晴らしい点として使用している原料全てが割合表示されている事、そのように冒頭で説明しました。

 

では実際に原料表示を見てみましょう。

 

フィッシュ4ドッグの原材料表示

 

画像を見て頂ければわかるかと思いますが、全ての原料について何%使用しているのかしっかり記載されています。

 

これの何が凄いのか??ちょっとここでネット上で高評価されている2つのドッグフードと原材料表示の情報量を比較してみましょう。『モグワン』と『このこごはん』、聞いた事あるフードではないでしょうか?

 

どのドッグフード評価サイトでも高評価されているフードです。高評価されている理由はアフィリエイト目的ですけどね。

 

ネット上で人気のドッグフードの原材料表示を比較対象

 

まずモグワンについては動物性タンパク源(チキン&サーモン)については%表示されているのがわかります。でもその他、植物性原料などは%表示はされていませんよね?

 

このこごはんは動物性原料さえ%表示されていません。

 

 

ドッグフードって使用割合の多い(重量が重い)ものから順に記載するルールはありますが、何を何%使っているかまで表示するルールってないんですよ。なので原材料表示の情報量はかなりの差があります。

 

でね、これの何が重要かと言うと、%表示しなければ簡単に誤魔化せる。って事です。

 

最近のプレミアムドッグフードって生肉が使われている事が多いじゃないですか?これ自体は良い事ですが、生肉には当然ですが水分が多く含まれているので重い。

 

ドッグフードとして加工された時には生肉に含まれる水分の大半は蒸発します。原料表示上は重いので一番最初に記載できるが、実質の割合としてはそこまで多くない、これよくあるパターンです。

 

ドッグフード割合表示の重要性の図解

 

米や麦類、豆など植物性の原料にもタンパク質はもちろん含まれていますので、思っている以上に植物性由来のタンパク質が多い(原価安い)。特に国産のプレミアムドッグフードにはよくある傾向です。

 

さらに言えば植物性原料のタンパクを濃縮したものなんかもあります。こういうものを使えば原材料表示、保証成分は何とでも調整出来ます。

 

フィッシュ4ドッグのように全ての原料について%表示すると誤魔化しは不可能。というか自信がなければ全て公開出来ません。これだけでも信頼に値するフードと言えます。

 

まあモグワンのように動物性タンパク源だけでも%表示しているのは十分高評価できますけどね!フィッシュ4ドッグが親切すぎるだけです。

 

あとフィッシュ4ドッグの保証成分値、これも良いと思うんですよ。高品質な海外製プレミアムドッグフードって大抵が高タンパク、高脂質なものが多いじゃないですか?

 

フィッシュ4ドッグ(スーペリア)の保証成分はタンパク値26%、脂肪12%とハイスペック過ぎない。我が家のウィペットゴマちゃんみたいに運動量多すぎるワンコにとちょっと物足りないですが、これくらいの成分値の方が多くの方にオススメできます。

 


 

フィッシュ4ドッグ|いくつか商品ラインナップがあるが『スーペリア』をオススメする理由

フィッシュ4ドッグにはスーペリア以外にもいくつか商品ラインナップがあります。その中でも特にスーペリアをオススメする訳ですが、その理由を紹介していきますね。

 

ちなみに『スーペリア』って意味はホテルなどで使われる『ランク』を表す言葉でスタンダードより少しランクの高い場合に使われる言葉です。

 

フィッシュ4ドッグでスタンダードにあたるものが『ファイネスト』シリーズ。これよりちょっとグレードの高いのが『スーペリア』となります。では何が違うか比較して見ましょう。まずはファイネストの商品ラインナップがこちら。

 

 

ファイネストシリーズも十分に高品質。サーモンを主原料としたものは大粒サイズ、そして超小粒(7mm)のトイブリードもあるので全ての犬種に対応していると言えます。

 

ちなみにオーシャンホワイトってのは要するに白身魚の事です。たまにいるのですがサーモンを嫌う場合、あと白身魚って消化しやすいので、消化器官があまり良くない場合はこちらを試してみるのが良いかと思います。

 

で、スーペリアがこちら。

 

フィッシュ4ドッグ、スーペリアの商品ラインナップ

 

ファイネストシリーズと違う点としては海洋性の天然サプリメントが配合されているという点

 

オキアミにはオメガ3脂肪酸が含まれると共に強力な抗酸化作用のあるアスタキサンチンが含まれています。アスタキサンチンってエビとかカニの赤い色の成分なのですが、目や体の老化防止に効果があり人間用のサプリメントとしても注目されている成分。

 

緑イ貝はグルコサミン・コンドロイチンを含み関節サポートの効果があります。

 

そしてスピルリナ!スーパーフードの王様とも言われるこれは藻類の一種なのですが、タンパク質を含有量が多く、そのタンパク質を構成するアミノ酸が必須アミノ酸10種、非必須アミノ酸8種と完璧と言って良いバランス。

 

さらには各種ビタミン・ミネラルも豊富に含み、細胞が新しく生まれ変わる時に必要となる『核酸』も含む高核酸食!

 

スピルリナの説明

 

このスピルリナはちょっと思い出があってですね、飼料メーカーで働いていた時によくスピルリナを配合した飼料で試験飼育をしていました。犬じゃなくて魚での試験飼育ですけどね。

 

こういうサプリメント的なものって実際に効果があるの?って感じません??

 

スピルリナに関しては効果があった。あくまでも魚での試験結果ですが生残率も上がったし、何より魚体が綺麗になった。ただ原価が高い事と、すっごい緑で飼料製造のラインに流すと色が残っちゃうんですよ。効果は非常に感じたが使いにくい原料でした。

 

魚の試験結果だろ!って思われるかも知れませんが、わたしこれは犬にも効果があると感じています。単純に栄養素としてだけでも良いですしね。

 

と、こんな感じでスーペリア、良い気がしませんか??

 

ちなみに価格は公式サイトより楽天とかAmazonの方がお得です。値段自体は同じくらいですが、ポイントと送料で実質かなり変わってきますからね!

 

 

フィッシュ4ドッグ スーペリア(アダルト)の原材料品質・原料表示の情報量(30点/30点)

ではここからはいつものように原材料・栄養成分をより詳しく見て100点満点で採点していきましょう。

 

すでに紹介した通り、フィッシュ4ドッグには様々な商品ラインナップがありますが、今回は一番オススメしたい『スーペリア アダルト』を評価していきます。

 

フィッシュ4ドッグ スーペリアアダルトの使用原料について(15点/15点)

スーペリアアダルトの使用原料はこちらになります。

 

原料表示

サーモン:26.39%、ポテト:25.51%、サーモンミール:17.06%、エンドウ:16.97%、サーモンオイル:6.16%サーモンダイジェスト:1.76%、サンフラワーオイル:1.32%、ビタミン&ミネラル:0.88%、オキアミミール:0.88%、ピーファイバー:0.88%、酵母エキス:0.79%、モルトエキス:0.56%、海藻ミール:0.43%、微細藻類(高DHA):0.18%、天然酸化防止剤 :0.18%、緑イ貝エキス:0.04%、スピルリナ:0.01%

 

動物性原料およびタンパク質源について

先ほども説明しましたが、ドッグフードの表示は配合割合の高いもの(重いもの)から順に記載するルールがあります。そして一番最初に記載されているものが第一原料と呼ばれたりします。

 

フィッシュ4ドッグ スーペリアアダルトの場合、第一原料は『サーモン26.39%』ですね!これは生肉です。生肉だと水分がほとんどになるので乾燥させているサーモンミールを使用。さらにサーモンダイジェスト・・・ダイジェストって何??ってなるかと思いますが、これはサーモンを原料とした香料的なもの。嗜好性を上げるために配合されていると思われます。

 

これらサーモン系原料でトータル51.37%、全体に対して多くの割合がサーモンで占めています。

 

余談ですが高タンパクで有名な『アカナ』にも魚主体のものでパシフィックピルチャートというフードがあります。これも魚原料が50%くらい。生肉とミールの割合も同じくらいですが、フードのタンパク値は31%とフィッシュ4ドッグに比べて高い。

 

なぜそういう現象が起こるかというと、植物性タンパク源の違いが大きな要因です。

 

アカナは植物性原料(炭水化物源)にジャガイモ、タピオカなどを使わないという特徴があります。これは血糖値の上昇を抑えるため低GI値の原料を使用しているため。そのため豆類の使用割合が高くなり、豆にはタンパク質も豊富に含まれるためトータルのタンパク値が高くなります。

 

フィッシュ4ドッグはジャガイモ(高GI)とエンドウ(低GI)を組み合わせる事が重要と考えているのでそれなりにジャガイモの配合量も多い。なのでタンパク値が低めになっているって事ですね!

 

どっちが良いか?と言われるとこれはもう好みとしか言いようがない。

 

ちなみにアカナのパシフィックピルチャートよりも魚配合割合が高いもので『パシフィカ』というフードがあります。(魚原料70%・タンパク値35%)

 

愛犬の運動量がかなり激しく、フィッシュ4ドッグの成分値だとちょっと物足りないかな、って感じる方はパシフィカがオススメ、我が家のウィペットごまちゃんもよく食べているフードです。

 


 

脂質源について

フィッシュ4ドッグはオメガ3脂肪酸源としてサーモンオイルを、これは既に説明した通り犬にとって理想的なオメガ3脂肪酸です。

 

ただより正確にはオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランス、これが重要です。

 

なのでオメガ6脂肪酸源としてサンフラワーオイルを使用しています。脂質源についても全く問題ない素晴らしい内容と言えます。

 

その他原料について

フィッシュ4ドッグ スーペリアの特徴である海洋性天然サプリメントについてはすでに説明した通り、使用されているものは効果の期待できる内容になっており、十分すぎる内容だと思います。

 

緑イ貝についての説明が少なかったので、画像で紹介しておくとこんな貝です。最近オヤツでも使われていたりと人気していますよね!

 

緑イ貝説明画像

 

使用原料全体としての評価ですが、何度も言っていますが非常に良い!魚主体のフードとしては間違いなく一級品!評価はもちろん満点評価です。

 

 

フィッシュ4ドッグ スーペリアアダルトの情報量について(15点/15点)

これも先ほど説明した通りですが、ドッグフードには使用している原材料の多い順から記載するルールはあります。ただ何が何%使用されているかまで記載する義務はありません。

 

フィッシュ4ドッグは動物性タンパク源だけじゃなく、全ての原料について割合(%)表示している。これがすごい。

 

当サイトでは動物性原料の使用割合を公開していれば満点評価にしています。なので当然15点/15点の満点評価にしておきますが、本当はもっと高得点をつけたいですね!

 

フィッシュ4ドッグ スーペリア(アダルト)の栄養成分値・バランス(20点/20点)

次に栄養成分について。保証成分はこちらになります。

 

保証成分

粗タンパク質:26% 粗脂肪:12%  粗繊維2.5%、粗灰分7.5%、水分7%

オメガ6脂肪酸:2.7%、オメガ3脂肪酸:2.5%

カロリー352kcal /100g

 

基本的に当サイトは栄養バランスについて満点評価となります(総合栄養食の場合)。犬にとっての最適な栄養バランスなんてものは存在しません。ライフステージや性格、飼育環境によって最適な数値は変わってきます

 

このフードの成分値に関してはそこまでタンパク値が高いって事もなく、もしどんなフードが良いか悩んでいるならまずはこれくらいの成分のものを試してみては?って感じの広くオススメできる内容です。

 

そして脂肪酸バランスについて。さすがここまで魚原料を使っているだけあってオメガ3脂肪酸の数値はかなり高く、オメガ6脂肪酸とほぼ同じ含有量となっています。

 

で、このオメガ3とオメガ6のバランスについて。これについては何が最適か色々と説があるのですが、当サイトの考えとしてはこのくらい多くても問題はない。理由はこのクラスのフードを与える飼い主さんなら、オヤツであったり、トッピングなどメインのフード以外に何かしら与えているから。です。

 

というのもオメガ3脂肪酸が不足するって事はよくあるのですが、オメガ6脂肪酸は様々なものに含まれているのでこれが不足するって事はまずない。なのでこれくらいオメガ3脂肪酸が多くても良いと考えています。

 

ただ飼い主さんの中にはドッグフード以外絶対に与えない、って方もいます。そんな場合はオメガ6脂肪酸源について少し考えてあげると良いかもですね。トッピングに肉、もしくは肉類主体のフードを混ぜるなど。

 

フィッシュ4ドッグは安全への取り組みを行なっているか?(10点/20点)

当サイトでは安全への取組について①アレルギーの対策、②安全性に関わる認証制度など取得しているか、この2点を特に重要視しています。

 

まずアレルギーについてですが、フィッシュ4ドッグは小麦不使用のグルテンフリーのフードとなります。今となってはプレミアムドッグフードは大体小麦使っていませんし、特別感はありませんよね。

 

確かに小麦についてはアレルギーの原因となる傾向が高いので良いかと思います。

 

というかフィッシュ4ドッグは魚主体のフード。そもそも魚自体が低アレルギーなので、原料面に関しては低アレルギーなものを使用していると言って良いでしょう。

 

次に『安全性に関わる認証制度』について。最近はドッグフードの製造工場においても安全性に関する認証制度を取得する流れになっていますが、フィッシュ4ドッグはここがちょっと弱い。

 

このクラスのフードなら製造工場の情報をもう少し出して欲しいところですが、イギリスの公式サイトも見てみましたが特別情報はありませんでした。

 

例えばベルギーのプレミアムドッグフードである『ブラバンソンヌ』、これでもか!って安全に関わる外部認証を取得しており、また日本に輸入してからも第三者機関による成分検査、残農薬検査及び酸化過酸化物価検査を実施している。

 

こういう情報があれば安心感も高まりもっと評価高くできるのですが、ちょっと残念。今後に期待ですね!

 

 

フィッシュ4ドッグの製造方法について(5点/10点)

当サイトはドッグフードをどのように製造しているか?これについても重要視しています。

 

ドッグフードはエクストルーダーという機械で製造されることが多く、これは時間単位での生産能力が非常に高い。また高温・高圧になるのでデンプンがα化し消化吸収しやすくなる・・・そんなメリットがあります。ただ同時に熱によるタンパク質の変性などデメリットもあります。

 

このデメリットを回避するためフリーズドライやオーブンベイク製法など特殊なものもあるにはありますが、価格が高くなったり衛生面でどうなのか?という心配があったりと何が正解かは難しい。

 

デメリットもあるがエクストルーダーが無難。それが当サイトの考え方です。

 

フィッシュ4ドッグについてもエクストルーダーでの製造で間違い無いですね。こちらがスーペリアアダルトの実物となります。結構小粒で小型犬にはちょうど良いサイズです。

 

フィッシュ4スーペリアアダルトの実物

 

当サイトではエクストルーダーによる製造の場合を基礎点5点。そこに公式サイトで詳しい製造方法を紹介している。または独自性があったり、特殊な原料でエクストルーダーのデメリットを回避している。そんな場合は加点しています。

 

フィッシュ4ドッグについては基礎点5点のままで評価しておきます。

 

フィッシュ4ドッグは人工の酸化防止剤・着色料を使用していないか(10点/10点)

これについては問題ありませんね。このレベルのフードだと危険とされている人工の酸化防止剤など使用されている事ってまずありません。

 

使用している酸化防止剤はローズマリーとミックストコフェロールなので自然由来のもの。安心して良いです。

 

フィッシュ4ドッグはスペックに見合った価格であるか?6点/10点

最後に価格について。当サイトでは単純な価格ではなく、スペックに見合った価格なのか?これを考慮して採点しています。

 

で、公式サイトでの価格がこちらの表になります。

 

スーペリアアダルト(公式サイト価格)価格(税込)kg単価
400g1,705円4,263円 /kg
1.5kg5,115円3,410円 /kg
3kg(1.5kg×2)9,383円3,128円 /kg
6kg18,150円3,025円 /kg
12kg(6kg×2)29,700円2,475円 /kg

 

容量によって単価がかなり変わるので評価しにくいのですが、12kg・・・量が多いがこの単価ならメリットを感じるが・・・3,000円 /kgを超えてくるとなるとちょっと・・・

 

フードとしての内容は抜群に良い。魚は原価が高いので仕方ない部分もありますが、ちょっと高いと思います!

 

楽天なんかを利用するとこの価格でポイントついてくるのでもうちょっとお得になりますね。

 

 

価格の評価としては6点 /10点ってとこでしょうか。

 

フィッシュ4ドッグ スーペリアアダルトの総合評価は81点!ものは非常に良いが価格がネック

さてフィッシュ4ドッグの総合点ですが81点となりました。気持ち的には90点くらいなのですが、価格がネックですね。

 

お値段は置いておいて、普段のフードとしてもちろんオススメですが、これトッピング的な使い方非常に良いと思います。オメガ3脂肪酸がしっかり入っていると確信できる内容となっているので、フィッシュ4ドッグ自体をサプリメント的な扱いで与える。

 

これありです。トッピング程度ならコストも抑えられますしね。

 

ちなみに今回はイギリス産の海外プレミアムドッグフードであるフィッシュ4ドッグを紹介しましたが、国産で魚主体の良いフードはあるか?と問われると・・・

 

金虎 おさかな』、これはオススメできます。ただ正直言いますとフード自体のクオリティはフィッシュ4ドッグの方が上。でも国産で応援したい気持ち、そしてメーカーとしての姿勢が好きなんですよ。ネットでの広告は控えめに頑張りつつ、わんこイベントで地道な広報活動している感じが。

 

魚主体のフードを考えている方は『おさかな』もぜひチェックしてみて下さい!

 

では今回はこの辺で。こちらに当サイトで評価の高かったフードをまとめたランキング記事を作成しています。フード選びに迷ったらこちらもぜひ参考にしてみて下さい。

ドッグフードおすすめランキング表|6項目で公平な評価をしています

当サイトでは主にドライフードに関する記事を書いていますが、こちら1記事だけオヤツに関しての記事書きました。

アレルギーを除き全てのワンコにオススメ。特に肉系のオヤツ を与えている方はぜひ魚系も取り入れてやって下さい!

金虎はおさかなドッグフードだけじゃない!オヤツもオススメな理由

金虎公式ショップ

-ドッグフード評価記事
-,