ドッグフード評価記事

ナチュラリー・フレッシュを評価|ナウ・フレッシュ高い!と感じる方は読んで!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※当サイトではアフィリエイト広告を利用している場合があります。

 

ドッグフードにおける広告についてこちらの記事で説明しておりますので、良かったら読んでみて下さい。

ドッグフード評価サイトにも『ステマ規制』!当サイトの広告について改めて説明しておきます!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

今回紹介するドッグフードはカナダ産のプレミアムドッグフード『ナチュラリー・フレッシュ』ってフードなのですが、多分ほとんどの方は知らないと思います。マイナーなので。

 

で、このナチュラリー・フレッシュの話をする前に『NOW FRESH (ナウフレッシュ)』ってフードがあるじゃないですか?ペットショップでも取り扱い多いフードなので見かけた事ある方、または現在使用しているって方も多いかと思います。

 

あれ・・・ちょっと高くないです??

 

 

いや、内容が大した事ないのに値段だけ立派なネットで絶賛されている系の国産プレミアムドッグフードよりは全然良いのですが、にしてもちょっと高い。正規代理店に記載されている価格だと2.3kgで6,985円(税込)。kg単価だと3,037円/kg。

 

海外製プレミアムドッグフードに関しては無駄に高いフードってそんなに無いのですが、とは言えコスパの良さには多少の幅はある。私は飼料メーカー出身ですので、その辺が特によく見えてしまうと言いますか・・・

 

ナウ・フレッシュのコンセプトって肉は全てフレッシュな原料を使用しています!!じゃないですか?そこに惹かれて選んでいる方が多いのだと思いますが、では同じコンセプトで内容は同等かそれ以上。価格が安い!そんなフードがあると気になりませんか

 

で、紹介したいフードが今回の『ナチュラリー・フレッシュ』です。同じ原産国カナダですしね。カナダ産のドッグフードって基本レベルが高いと感じます。

 

では解説していきます。

 

ナチュラリー・フレッシュとはどんなフードか?ナウ・フレッシュと比較してみる

ではナチュラリー・フレッシュがどんなフードが紹介していきます。

 

原産国はカナダ。製造元はライフタイムペットフード社(https://www.lifetimepetfood.ca/en-ca/)となります。ナチュラリー・フレッシュのコンセプトはレンダリング肉(いわゆる〇〇ミール)を一切含まない100%フレッシュミートです。

 

つまりナウ・フレッシュと同じですね。では使用原料及び原材料表示を見てみましょう。

 

ナチュラリーフレッシュ(チキン&ダック+緑イ貝 スモールブリード) 容量:80g、1kg、2.27kg
【原材料】

骨抜き鶏肉、乾燥全卵、えんどう豆、えんどう豆タンパク、はと麦、白いんげん豆、鶏脂、サーモンオイル、天日干しアルファルファ、トマトポマース、天然香味料、骨抜き鴨肉、リン酸二カルシウム、唐人びえ、炭酸カルシウム、キヌア、塩、ビタミン類(、塩化コリン、ビタミンEサプリメント、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸、ナイアシン、D-パントテン酸カルシウム、ビタミンAサプリメント、リボフラビン、ビタミンB12サプリメント、チアミン硝酸塩、ピリドキシン塩酸塩、ビタミンD3サプリメント、葉酸)、酵母エキス、乾燥チコリ根、ミネラル類(、硫酸亜鉛、硫酸鉄、硫酸銅、硫酸マンガン、亜鉛タンパク化合物、鉄タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム、銅タンパク化合物)、緑イ貝、りんご、にんじん、クランベリー、βカロテン、トリポリリン酸ナトリウム、L-カルニチン、ほうれん草、さつま芋、大麦若葉、乾燥バチルス・サブティリス発酵産物、乾燥バチルス・リケニホルミス発酵産物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵産物、乾燥アスペルギルス・オリゼ発酵産物、乾燥アスペルギルス・オリゼ発酵産物、酸化防止剤(ミックストコフェロール)、L-スレオニン

【保証成分】

粗タンパク質 26.0%以上、粗脂質 16.0%以上、粗繊維質 4.0%以下、灰分 7.8%、水分 10.0%以下

カルシウム 1.2%、リン 1.0%

EPA 0.05%以上、DHA 0.075%以上

オメガ6脂肪酸 2.5%以上、オメガ3脂肪酸 0.50%以上

Lカルニチン 100mg/kg以上、緑イ貝 250mg/kg以上

360kcal/100g

 

普通に良い感じでしょ?成分値も詳しく記載されているし、特にEPA・DHAに気を使っているのが感じられます。フレッシュ原料使っている系のフードの中だとかなり良い感じ。

 

では主原料が似ているナウ・フレッシュと比較してみましょう。

 

ナウ・フレッシュ(グレインフリー スモールブリードアダルト) 容量:350g、800g、2.3kg、9.98kg
【原材料】

ターキー生肉(骨抜き)、乾燥鶏卵、エンドウ豆、ポテト、ポテト粉、エンドウ豆粉、ナチュラルフレーバー(チキン由来)、フラックスシード、キャノーラ油、サーモン生魚(骨抜き)、ダック生肉(骨抜き)、ココナッツ油、リンゴ、エンドウ豆繊維、トマト、アルファルファ、ニンジン、カボチャ、スイートポテト、スクワッシュ(カボチャ類)、バナナ、ブルーベリー、クランベリー、ブラックベリー、ザクロ、パパイヤ、レンズ豆、ブロッコリー、乾燥チコリ根、パセリ、ペパーミント、乾燥ローズマリー、炭酸カルシウム、リン酸一カルシウム、トリポリリン酸ナトリウム、塩化ナトリウム、塩化コリン、ビタミン類(ビタミンEサプリメント、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源)、ナイアシン、d-パントテン酸カルシウム、ビタミンAサプリメント、硝酸チアミン、リボフラビン、β-カロテン、ビタミンB12サプリメント、ビオチン、塩酸ピリドキシン、ビタミンD3サプリメント、葉酸)、ミネラル類(硫酸第一鉄、タンパク質キレート亜鉛、タンパク質キレート鉄、セレン酵母、酸化亜鉛、硫酸銅、タンパク質キレートマンガン、タンパク質キレート銅、酸化マンガン、ヨウ素酸カルシウム)、タウリン、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵生成物、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵生成物、DL-メチオニン、L-リジン、塩化カリウム、緑茶抽出物、ユッカシジゲラ抽出物、L-カルニチン、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

【保証成分】

タンパク質27%以上、脂質17%以上、粗繊維4.5%以下、灰分8.0%以下、水分10%以下

カルシウム1.2%以上、リン0.7%以上

オメガ3脂肪酸1%以上 タウリン0.1%以上

L-カルニチン100mg/kg以上

代謝エネルギー3,711kcal/kg

 

すごい似ていると思いませんか??しかもこれどちらも低温での調理をアピールしている。配合設計の仕方がかなり近い。これ確信ないのですが、同じ工場で作ってないか?と感じる訳ですよ。

 

その理由はいくつかあるのですが、ナウフレッシュのカナダの販売元ってペットキュリアン社(petcurean)、ここって自社工場持ってないんですよ。つまりOEMでやっている会社。ペットキュリアンのホームページ上にこういう一文があります。

 

Q:How do you guarantee quality in the manufacturing of your pet foods?

A:We approach the quality and safety of our pet foods with utmost care and we set extremely high quality and safety standards for ourselves and all of our suppliers and partners. Petcurean products are manufactured at plants which meet all regulatory requirements in addition to adhering to Petcurean’s high standards for partnership. We work with plants that are EU, FDA, and CFIA certified, meaning they must meet a very high standard of sanitation, cleanliness and manufacturing practices. Partners also participate in 3rd party audit programs, such as BRC or GFSI alongside our own partnership audits lead by a certified Food Safety and Quality auditor.

引用元:http://How do you guarantee quality in the manufacturing of your pet foods?

黄色のマーカーを引いた部分なんですが、『work with〜』って〜と提携するみたいな意味。つまり自社工場は持たず委託生産しているOEMの会社。これは確定

 

一方でナチュラリーフレッシュを製造しているライフタイムペットフード社は公式サイト内でこういう一文があります。

Q:Where are your foods produced and manufactured?

A:All of the Lifetime and Wholesome blend products are manufactured in our own facility in St. Marys, Ontario.

引用元:https://www.lifetimepetfood.ca/en-ca/faqs/

 

黄色いマーカーを引いた部分、『own facility』、これは自社工場って意味です。ちなみにこの工場はFSSC 22000 規格の第三者認証を取得していたりと品質管理レベルは高いと判断して良いかと思います。

 

こうなってくると・・・ナウ・フレッシュってペットキュリアンがライフタイムペットフード社に製造を委託したOEMのフード??って思っちゃう訳ですよ。なんか名前も似ているし。アピールポイントと配合設計の癖も似ているし。

 

当サイトでは国産のOEMプレミアムドッグフードに関してボロクソの酷評する事が多いですが、当然ですがOEMは海外でも普通に行われています。ある程度名前が知られているものだと『プラぺ』とかドッグデプトが販売している『ワンピーフード』、『GLENCO(グレンコ)』とかは中身一緒のOEMですね。

 

ただこれらって確かに多少の価格差あるんですが、そんなに差はない。そしてある程度の品質は確保されている。だから当サイトではあまり問題視していないってのはあります。

 

で、このナウ・フレッシュがOEMなのは確定として、ライフタイムペットフード社で製造されているは100%確信がある訳じゃないのですが・・・

 

仮にそうじゃないとしても、ナチュラリーフレッシュってナウ・フレッシュと同等かそれ以上のフード、って言えますよね。

 

はい、ここで価格差です。

 

ナウ・フレッシュグレインフリー スモールブリード アダルト2.3kgが正規代理店に記載されている価格で6,985円(税込)。kg単価だと3,037円/kg。

 

一方でナチュラリーフレッシュ。

 

2.27kgで5,150円(税込)、kg単価だと・・・2,269円/kg!!

 

読者様のために有益な情報を!を心掛けている当サイトとしてはどちらをオススメするか?ナチュラリーフレッシュってなるんですよ。まあペットショップに置いているので購入しやすい。容量のラインナップや体重管理用、粒のサイズ、など種類が豊富と、ナウフレッシュの方が良い点もありますが・・・

 

2,269円/kgであの内容ならかなりお得。あと個人的にはナウフレッシュとナチュラリーフレッシュの配合内容を比較した場合、若干ですがナチュラリーフレッシュの方が配合レベルが高いな、と感じます。

 

ただこの2.27kgで5,150円(税込)、って単価ですが楽天で調べて最安値だったもの。ちょっと価格に幅がある(売り切れだがもっと安いのもあった)。そしてあまり売っていません。供給面には不安はありますね。ここは残念なポイント

 

ちなみにナチュラリーフレッシュは先ほど紹介した【チキン&ダック+緑イ貝 スモールブリード】以外に【チキン&ダッグ】と【ターキー&ラビット】があって若干単価が異なります。

 

知ってて損のないドッグフードだと思いませんか??

 

→ 楽天でナチュラリーフレッシュを見てみる

Amazonでナチュラリーフレッシュを見てみる

Yahooショッピングでナチュラリーフレッシュを見る

 

今回はナチュラリーフレッシュ自体の内容については細かく解説しません。過去にナウ・フレッシュの記事書いていますので内容同じようになりますからね。興味のある方は読んでみて下さい。

 

 

ナチュラリーフレッシュを購入してみたので粒のサイズを画像で紹介!ナウフレッシュとも比較

では実物を購入してみましたので粒のサイズを紹介しておきます。

 

せっかくなのでナウ・フレッシュと比較しておきましょう!画像のナウフレッシュは体重管理用の小粒となるのですが、まあ粒のサイズ自体は体重管理用じゃないものと同じはずなので参考にはなるかと思います。

 

ナウフレッシュは星みたいな形しているのが特徴ですが、ナチュラリーフレッシュは普通の丸粒。

 

これどちらもエクストルーダーって機械で作られていますけど、機械の出口と言いますか、穴の形状を変えると形は何とでもなります。星形は砕けやすく小型犬でも食べやすい説がありますが、そこまで効果あるかな??ってのが正直な印象。

 

この画像だけではサイズ感が分からないのでノギスで測定した画像がこちら。

 

 

形状が違うので比較しにくいですが、直径では若干ナチュラリーフレッシュの方が小さいかな、と。

 

粒のサイズに敏感なワンコもいますので参考にして頂ければ!

 

ナチュラリーフレッシュのように安くて良いフードはある|ドッグフードは価格と品質が比例しない事が多い

さて、今回はカナダ産のプレミアムドッグフード『ナチュラリーフレッシュ』を紹介してみました。

 

当サイトではドッグフードのお悩み相談を主にInstagramのDMでやっているのですが、多くの飼い主さんの話を聞いていると・・・高いフードの方が品質良い、って盲信している方が非常に多い。

当サイトInstagram

 

確かに高いフードの方が品質良い率は高いのですが、ドッグフードってOEMとかアフィリエイトを代表とする広告、イメージ戦略など、色々な要素があって高いフードが良い、って一概に言えなかったりします。

 

特に国産のフードはその傾向が強い。この記事なんかが典型的な例ですね↓

 

 

記事内でも言いましたが、海外製に関してはそんなにハズレないです。ナウフレッシュも別に悪くはない。でもこのナチュラリーフレッシュのように隠れた優秀フードがいるんですよ。当サイトはそういうフードを積極的に紹介していきたいところ。

 

安くて品質が良い!が理想ですからね!

 

→ 楽天でナチュラリーフレッシュを見てみる

Amazonでナチュラリーフレッシュを見てみる

Yahooショッピングでナチュラリーフレッシュを見る

 

では今回はここまで。こちらに当サイトがオススメするドッグフードをまとめています。当然ですが品質と価格が合っている高品質なフードをまとめていますので、ドッグフード選びに迷ったらこちらも参考にしてみて下さい。

ドッグフードおすすめランキング表|6項目で公平な評価をしています

当サイトでは主にドライフードに関する記事を書いていますが、こちら1記事だけオヤツに関しての記事書きました。

アレルギーを除き全てのワンコにオススメ。特に肉系のオヤツ を与えている方はぜひ魚系も取り入れてやって下さい!

金虎はおさかなドッグフードだけじゃない!オヤツもオススメな理由

金虎公式ショップ

-ドッグフード評価記事