ドッグフード評価記事

クーリクで定期購入させられるドッグフードエルモ(ELMO)について徹底評価!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※当サイトではアフィリエイト広告を利用している場合があります。

 

ドッグフードにおける広告についてこちらの記事で説明しておりますので、良かったら読んでみて下さい。

ドッグフード評価サイトにも『ステマ規制』!当サイトの広告について改めて説明しておきます!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

突然ですが、私はSNS(特にInstagram)でドッグフードに関する情報発信をしています。するとたまに『このドッグフードって安全だと思いますか?』と言った質問が届くのですが・・・

 

一番多く質問されるドッグフードがエルモなんですよね。

 

これには理由があって、エルモって大手ペットショップクー&リクでわんこをお迎えすると定期購入を勧められるドッグフードです。クー&リクはネット上では評判が良くなくそれで『うちの子に与えているエルモってドッグフード・・・大丈夫なんだろうか・・・』このように不安になる。

 

実際に今もちょっと気になる報道ありますよね。それで嫌になって残ったエルモをメルカリで売ったとかって話をチラホラ聞きます・・・

 

今回こちらの記事ではドッグフードエルモに関してその品質を徹底評価しています。上記のような理由で不安に思っている飼い主さんはぜひこちらの記事を一読してみて下さい。

愛犬の健康に直結するドッグフード。動物栄養学に関して素人が製品評価しても信用できないでしょう。私は大学では動物営業学を専攻。その流れで飼料メーカーに入社し毎日のように飼料の配合設計をしてきた実務経験があります。もちろんペットフード案件にも多数関わっています。なので安心して下さいね。

 

ちなみに結論としては悪いフードじゃありません。(めちゃくちゃ良いとも思わないが・・・)

 

現在定期購入していてアレルギーなど特に問題なければすぐに切り替える必要はありませんよ!

クーリクがドッグフードエルモの定期購入を勧めてくる理由

まずエルモの評価をする前になぜクーリクがエルモの定期購入を勧めてくるのか?それについて解説していきます。

 

なぜ定期購入を勧めてくるのか?それは単純な話で儲かるからです。私は実際に飼料メーカーで配合設計して原価計算なんかもしていましたので、おおよその利益率ってわかります。エルモだけじゃなくドッグフード自体が非常に利益率の高い商材なんですよ。

 

定期購入とはつまりサブスクです。動画配信サービスなんかを想像して貰えば良いですが、1度契約したサブスクってよっぽどの事がない限り中々解約しないじゃないですか?あれと同じです。

 

特にドッグフードは愛犬が特に問題なく食べていれば他のものに切り替えるタイミングって中々ありません

 

サブスクってビジネスの世界だとストック型と呼ばれ、このメリットは安定的な収益を見込める事です。ストック型の反対はフロー型と呼ばれます。一度売ってしまえばそれで終わりの売切型ですね。

 

ストック型とフロー型の例

フロー型:ペットショップでわんこの玩具を買う

ストック型:ドッグフードの定期購入をする

 

ドッグフードの定期購入は安定して収益を見込めるし、契約している間は営業する必要もありません。これが企業にとって非常に大きな利点です。試しにネットで高評価されている、つまりよく売れているドッグフードの公式サイトをみて下さい。まず間違いなく定期購入を勧めてくるはずです。

 

クーリクは生体販売とセットでドッグフードのサブスクを販売している。つまり生体販売というフロー型とドッグフードのストック型を組み合わせた販売方法をとっている。中々やりますよね・・・笑

 

なぜクーリクがドッグフードの定期購入を勧めてくるのか?それについて分かって頂けたかと思います。では余談はここまでにしてエルモのドッグフードの評価をしていきましょう。

 

ドッグフードエルモ(ELMO)の原材料品質・原料表示の情報量について(22点/30点)

エルモの原材料表示

エルモにはいくつか種類ありますが、おそらく定期購入をまず進められるのは『リッチインチキン』かと思います。

 

エルモシリーズの中では一番スタンダードなものですね。なのでこちらをピックアップして解説していきます。

ドッグフードエルモ(ELMO)の使用原料について(15点/15点)

こちらがエルモ(リッチインチキン)の原材料表示となります。

 

原材料表示

鶏肉、米、トウモロコシ、鶏脂、ビートパルプ、ビール酵母、コーングルテンミール、タンパク加水分解物、サーモン、サーモンオイル、ミネラル類、マンナンオリゴ糖(MOS)、キシロオリゴ糖(XOS)、ユッカシジゲラ、スピルリナ粉末、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン源)

 

動物性原料およびタンパク質源について

ドッグフードでは配合量の多い順に原材料を記載するルールがあり、最も最初に記載されているものを『第一原料』と呼びます。エルモのリッチインチキンだと『鶏肉』が第一原料ですね!

 

原料表示には各原料が何%配合されているか記載されていないので予測となりますが、このフードの保証成分のタンパク値は26%です。海外製プレミアムドッグフード としては高いって訳でもない。普通ですね。

 

実は生肉からタンパク値を確保するのって非常に難しい。生肉はほとんどが水分なのでドッグフードに加工すると水分は蒸発する。なので生肉由来のタンパク質って意外と少なくなるんですよね。

 

そのため海外プレミアムドッグフードで高タンパクのものは事前に乾燥させた原料(ミール系)などを使用してタンパク値を補強しています。

 

例えば鶏肉を50%使用していると明言しているフードで『マックアダムズ』というフードがあります。これのタンパク値って20%切るくらいなんですよ。

 

 

エルモの場合、タンパク値26%というのはそれなりに鶏肉の配合割合は高いと考えられます。ただし米、トウモロコシ、あとコーングルテンミール、タンパク加水分解物、サーモンなどからもタンパク質は供給されています。特にコーングルテンミールからはそれなりにタンパク供給もあるのは間違いないです。

 

脂質源について

次に脂質源ですが、メインは鶏脂(オメガ6供給源)を使用、あとはオメガ3脂肪酸供給源としてサーモンオイルを使用しています。この点は評価できる。

 

保証成分値でオメガ6とオメガ3脂肪酸の数値が公開されていますが(オメガ6脂肪酸:3.8%、オメガ3脂肪酸:0.7%)、このバランスも悪くはないです。

 

特に国産のプレミアムドッグフードでありがちなのですが、オメガ3脂肪酸に考慮されていないフードが非常に多い。海外製のフードはある程度値段がするものに関してはこの点しっかり考えられた上で配合設計されている。

 

ここは安心して良いですね!

 

その他原料について

その他の原料を簡単に解説しておくと・・・

 

  • ビートパルプ:日本語で言うと甜菜(テンサイ)やサトウダイコンと呼ばれる野菜から砂糖を作る過程で発生する副産物。繊維質としてドッグフードによく利用されており腸内環境を整える効果がある。ネットでたまに悪い原料と評価されている事があるが、特に問題ない。
  • ビール酵母:犬にとっての必須アミノ酸を多く含んでおり、腸内環境を整える効果がある事から品質の良いドックフードに使われている事が多い
  • コーングルテンミール:トウモロコシからコーンスターチを作る過程で発生する副産物。タンパク源として利用されており、養鶏用の飼料によく使われる。危険性は特にない。
  • タンパク加水分解物:これを詳しく説明するとかなり長くなるので簡単に説明すると、水の力で分解したタンパク質。利点としては分子構造が分解されるためアレルゲンとして認識されにくく、アレルギー反応を起こしにくい。生成過程で発がん性物質が派生すると言う話もあるが、そこまで気にしたらキリがない。メリットの方が大きい。
  • マンナンオリゴ糖:グルコースとマンノースから構成される物質で腸内環境を整える効果がある。
  • キシロオリゴ糖:食物繊維の一種キシランを酵素分解したもの。腸内環境を整える効果がある。
  • ユッカシジゲラ:ユッカという植物なすいら抽出されたもの。腸内環境を整える効果があり、便臭を抑える効果があるという研究発表がある。
  • スピルリナ:藻類の一種で人間用でもスーパーフードとしてサプリメントで使われていたりする。ビタミンAやB12が多く含まており鉄分も豊富。メリットは多い。
  • 加水分解甲殻類(グルコサミン源):エビやカニの殻の主成分であるキチンを加水分解してグルコサミンにしたもの。関節や軟骨のサポートをする効果があり、人間のサプリメントにも使われる。

プレミアムドッグフードだと今となっては普通ですがプレバイオティクス(善玉菌の餌)にも考慮されていますし、スピルリナという機能性原料も使用している。悪くないと思います。

 

コストを下げるためタンパク値が比較的高いコーングルテンミールを配合、鶏肉の配合割合を減らしている、など予想できますがこれは配合設計の工夫の範疇ですね。

 

使用原料トータルで見ても悪くはない。ここは満点評価にしておきます。

 

ドッグフードエルモ(ELMO)の原料表示の情報量について(12点/15点)

ドッグフードの原料表示は多いものから順に記載するルールがありますが、各原料が何%配合されいるかの割合までは記載する義務はありません。実際にプレミアムドッグフードとして販売されている多くのドッグフードも%表示まではしていません。(

 

エルモ原料表示表はこちらになります。

鶏肉、米、トウモロコシ、鶏脂、ビートパルプ、ビール酵母、コーングルテンミール、タンパク加水分解物、サーモン、サーモンオイル、ミネラル類、マンナンオリゴ糖(MOS)、キシロオリゴ糖(XOS)、ユッカシジゲラ、スピルリナ粉末、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン源)

 

鶏肉が第一原料なのは良いとして、全体に対してどれくらい(%)使用されているかわかりませんよね。(-5点)

 

わかりやすいよう原料表示の情報が充実しているモグワンの原料表示を見てみましょう。

チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、ビタミン類(A、D3、E)、乳酸菌

 

もっと言えば全ての原料について%表示しているフードもあります。こういうものは誤魔化しが全くできないので信頼性が非常に高い。例えばフィッシュ4なんかがそうですね。

 

 

配合割合(%)までしっかり記載していると製品スペックが判断しやすい。逆に言えば%表示をしなければ配合設計を工夫する事によってある程度誤魔化せます。

 

ただこれはエルモが悪いというより、%表示しているドッグフードの方が珍しい。実はエルモって製品リニューアル前までは%表示していたんですよ。それで非常に高評価していました。しかしリニューアル後は%表示が消えた。謎ですよね・・・笑

 

ただしエルモの表示について良い点もあってそれは使用原料の項目でも説明しましたが、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸の数値が公開されている点。ここは加点対象ですね!(+2点)

 

ドッグフードエルモ(ELMO)の栄養成分値・栄養バランスについて(20点/20点)

では次にエルモの栄養成分値を見ていきます。

 

保証成分

粗タンパク質:26%以上、粗脂肪:14%以上、粗繊維:2.5%以下、粗灰分:6%以下、水分:8%以下

カルシウム:1.2%以上、リン:0.8%以上

オメガ6(必須脂肪酸):3.8%以上、オメガ3(必須脂肪酸):0.7%以上、代謝エネルギー:405kcal/100g

 

まず当サイトでは栄養成分値については基本的に満点評価にしています。だってドッグフードにおいてベストな数値なんてものはない。同一犬種でも飼育環境、性格は違うし自分の愛犬に合ったフードを探す事が大事。そう考えています。

 

ただし総合栄養食ですらない、脂肪酸バランスが悪い、あまりにも偏った成分値になっている、などがあれば減点しています。

 

エルモはタンパク質は普通、脂肪分はやや高め、比較的多くのわんこに合うであろう配合設計だとは思います。ただカロリーが高めに加えてGI値の高い米やトウモロコシを使用しているので太りやすいフードではあります。

 

愛犬の肥満に悩まれている方は違うフード検討してみても良いかもですね!

 

ドッグフードエルモ(ELMO)は安全への取り組みを行なっているか(15点/20点)

当サイトでは安全への取組について①アレルギーの対策、②安全性に関わる認証制度など取得しているか、この2点を特に重要視しています。

 

まずアレルギー対策について。エルモのリッチインチキン単体で考えると特にアレルギー対策は感じませんが、エルモシリーズ全体で見ると『ダッグ&ポテト』や『ウサギ肉・ライス&ポテト』など珍しい原料を使用した商品ラインナップもある。この点は評価して良いかと思います。

 

あとエルモって使用原料にトウモロコシが使用されています。これについてよく質問を受けるので簡単に回答しておくと・・・

 

ロイヤルカナン 犬のアレルギー原因グラフ

 

こちらロイヤルカナンが発表したアレルギーの原因物質の割合グラフなのですが・・・トウモロコシってアレルギーの原因になる事って実は少ない。むしろ少ない部類です。ネットではトウモロコシが悪い原料の代表格みたいになっていますが、そこまで心配する必要はないですよ!

 

むしろトウモロコシが悪い原料の代表格になっている理由ですが、広告誘導が大きいと感じています。つまりこんな感じ。

 

 

原価が安いトウモロコシは確かに格安フードによく使用されています。イメージが悪いのでトウモロコシで不安を煽って広告報酬が高額なものに誘導する。こういうのが多いですね。

 

次に『安全性に関わる認証制度』について。最近ではドッグフード工場でも人間の食品と同じく安全に関する認証制度を取得する流れになっています。

 

エルモを製造しているのはイタリアのMonge&C.S.p.a社。イタリアでは大手の製造メーカーです。公式サイトでは『イタリア現地のトリノ大学・ボローニャ大学と連携し、の大学動物栄養学の最新の研究を行い、最適な栄養バランスとともに、研究から導かれた便質改善や免疫力向上といった成果を、フード開発に活かしている』との記述があります。企業規模から安全性について一定の評価はして良いでしょう。

 

ただ外部認証などは不明。

 

例えばベルギー産のフードで『ブラバンソンヌ』というフードがあります。これはIFS(国際食品規格)に加えBRC認証(英国小売業協会食品安全規格)を取得。さらには抜き打ちの審査が入るFSSC22000という認証制度までも取得。

 

日本に輸入してからもフードの酸化をチェックするため第三者機関による成分検査、残農薬検査及び酸化過酸化物価検査を実施。

 

こういうのがあると信頼性はグッと高まりますよね!

 

ドッグフードエルモ(ELMO)は人工の酸化防止剤・着色料を使用していないか(10点/10点)

エルモに使われている酸化防止剤はトコフェロールとローズマリー抽出物です。これは自然由来のものなので問題なし。

 

香料として栗エキスが使われていますがこれも自然由来。危険な添加物系は使われていませんので10点満点が当サイトの評価となります。

 

ドッグフードエルモ(ELMO)の製造方法について(5点/10点)

製造方法についてまでしっかり紹介しているドッグフードは少なく、特に海外製品はほぼわかりません。一応エルモの紹介動画で工場内部がチラッと写っていますがそこから判断するのはちょっと難しい・・・

 

ただし私は飼料メーカーで働いていましたので実物を見ればだいたいどういうものかは予想できます。エルモの粒はこちら 。

エルモ リッチインチキンの粒

 

形状や質感からエクストルーダーという機械で製造されたものですね。油は少し外添されているはずです。どうもネットのドッグフード評価サイトって油の外添をオイルコーティングと呼んで、ダメなものとして扱っている事多いですが、別にこれダメって訳じゃありません。

 

確かにベタッとした印象を受けます。嗜好性を高くする・・・ってのもありますが、それよりも添加物など油と一緒に混ぜてコーティングした方が良い、って場合もありますからね!

 

何か品質を良くするために特殊な製造方法を行なっているとは言えませんが、一般的なドッグフードの製造方法で作られている。そんな印象です。なので製造方法の評価としては10点満点中5点の評価にしておきます。

ドッグフードエルモ(ELMO)はスペックに見合った価格であるか?8点/10点

多くのドッグフード評価サイトでは単純に価格を評価していますが、当サイトではスペックを考慮した上で評価していきます。だって良い原料使っていたら高いのは当然ですし、安くても原料がダメで品質悪かったらこれもダメですよね?

 

公式楽天ショップの価格だとリッチインチキンは5,170円/3kg。kg単価だと1,723円/kgですね。これが定価。

 

ちなみにクーリクでの生体購入でセットにしてくる定期購入だと成犬用フードで10,549円/5.4kg。1,954円/kg・・・・生体価格割引があるので定期の方が高いのかな?普通は定期購入した方が安くなるのですが・・

 

さて、この価格についてですが、数々のフードの価格を調べてきましたがスペックに対しては妥当ではあると思います。適正価格の範囲ですね。当サイトでは10点満点中8点の評価としました。

 

 


 

ドッグフードエルモ(ELMO)の当サイト総合的な評価は75点!悪いフードではないが・・・

では総合的な評価ですが、当サイトではエルモの評価を75点としました。

 

プレミアムドッグフードと言っても良い十分なスペック。価格も妥当なライン。原料も危険なものは使用していません。若干カロリーが高いという特徴はありますが、フードが合っていると感じているなら問題ないでしょう。

 

十分良いフードですよ!

 

ただしこれはフード単体の評価。クーリクに関しては色々と思う事ある人は多い。私もその1人です。なぜなら我が家のミニピンびびちゃんはクーリクの売れ残りですからね!

 

 

なぜかやたら大きいビーグルと狭い檻に入れられていたりと謎な状況で売れ残っていたビビちゃん。フードの定期購入が必須だったので仕方なく契約しましたが・・・フード自体は悪いとは思いませんがやり方が気に食わないですよね!!笑

 

フード選びってお迎えしたからの重要イベントだと思うんですよ。『魚大好きだから魚のフードはどうかな??』とか『ドッグラン大好きだから高タンパクなフード試してみよう』など愛犬の性格を見てフード探しをする。

 

定期購入にもメリットは確かにある。ただお迎え後から定期購入に縛るのはどうなのかな・・・色々と調べて試した結果が定期購入なら全然良いと思いますけどね。

 

ちなみに我が家ではかなり早い段階で違約金払って定期解約しています。これはまあフードが嫌というよりはこのようなブログ運営しているので定期購入がそもそも向いていない。色々とフード買っちゃうので。

 

あとはクーリクにお金払うのはもう良いかな。って感じですかね・・・

 

比較的成分値が近くてより信頼性の高いフードでオススメなのは記事内でもチラッと紹介しましたが『ブラバンソンヌ』は良いと思います。サンプルもあるので興味のある方は試してやってください。

 

その他オススメのフードはこちらに当サイトで評価の高いフードをピックアップしているので参考にしてみて下さい。

ドッグフードおすすめランキング表|6項目で公平な評価をしています

 

-ドッグフード評価記事
-,