ドッグフード評価記事

アーテミスドッグフードについて読者様より評価依頼が届きました!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※当サイトではアフィリエイト広告を利用している場合があります。

 

ドッグフードにおける広告についてこちらの記事で説明しておりますので、良かったら読んでみて下さい。

ドッグフード評価サイトにも『ステマ規制』!当サイトの広告について改めて説明しておきます!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

今回紹介するドッグフードは『アーテミス』、原産国はアメリカのプレミアムドッグフードですね!

 

こちらは当サイトのInstagramに評価依頼が届いたので書いています。まあアーテミスはわりとメジャーなフードなので記事書かないとな・・・っと思っていたフードではありますが・・・

 

アーテミスドッグフードについて読者からの評価依頼文

 

当サイトではドッグフードに関するお悩み相談をしています。お悩み相談をする事が私自身勉強になり、より良い記事が書ける、そう考えております。もちろん料金など頂いておりませんので何か気になる事あればお気軽にメッセージ下さい。

nstagram:https://www.instagram.com/wanko.blog/

Twitter:https://twitter.com/wanko_blog

ブログお問い合わせ:https://dogfood-bhg.com/contact/

 

今回はアーテミスについての解説記事となりますが、依頼文にある『HUG BOX』ってフードについて。これ生肉をミンチにしたようなフードなんですが、この手のフードは原材料の品質でほぼ決まってしまうと考えております。良くも悪くもドライフードに比べ加工度が低い。原料まぜて冷凍しただけですからね。

 

この辺の話についてはフレッシュフードについて書いた記事でまとめています。興味のある方は読んでみて下さい。

 

ただこの『HUG BOX』ってフード・・・内容は悪くはないと思いますが、ちょっと誇大広告過ぎると思うんですよね。公式サイト見てもらえば感じるかと思いますが・・・生肉食べてパテラグレード3が改善するならみんな生肉食わすよね・・・って。

 

これ薬機法上完全にアウトだと思うのですが!!内容は別として私は好きではないです・・・笑

 

これ今回紹介するアーテミスの『アガリクス』にも関わる事。今回の記事ではちょっとその辺も含めて解説していきます。

 

今後このアーテミスをベンチマーク(基準)にしてドッグフードを採点する事にしました。それに伴い各項目の採点基準を今までより『明確』にしてより『公平』な記事を書いていく所存です。

過去に投稿した記事についても順次修正していく予定です。少しの間混乱するかもですが、今後ともよろしくお願いいたします。

アーテミスの『アガリクス』効果については過度に期待しちゃダメ|あったら良いな程度に考えておこう

アーテミスドッグフードに含まれるアガリクスの画像

今回紹介するアーテミス、正確には『アーテミス アガリクスI/S』ですが、その使用原料及び原材料表示はこちら・・・

 

アーテミス アガリクスI/S 総合栄養食
【原材料表示】

フレッシュチキン・ドライチキン・フレッシュターキー・大麦・玄米・オーツ麦・黍・えんどう豆・えんどう豆粉・ドライターキー・鶏脂肪(混合トコフェロールによる保存処理)・トマト絞り粕(リコピン)・チキンスープ(天然風味料)・フレッシュダック・フレッシュサーモン・卵・フラックスシード・サーモンオイル(DHA 源)・ドライ魚肉・塩化コリン・乾燥チコリ根・ケルプ・人参・リンゴ・トマト・ブルーベリー・ほうれん草・クランベリー・ローズマリーエキス・パセリフレーク・グルコサミン塩酸塩・L カルニチン・ラクトバチルスアシドフィルス菌・ビフィドバクテリウム ラクティス・ラクトバチルスロイテリ・エンテロコッカスフェカリス EF2001・アガリクス・ビタミン E・キレート鉄・キレート亜鉛・キレート銅・硫酸第一鉄・硫酸亜鉛・硫酸銅・コンドロイチン硫酸・ヨウ化カリウム・チアミン硝酸塩・キレートマンガン・酸化マンガン・アスコルビン酸・ビタミンA・ビオチン・パントテン酸カルシウム・硫酸マンガン・亜セレン酸ナトリウム・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ビタミンB12・リボフラビン・ビタミンD・葉酸

【保証成分】

粗たんぱく質:24.0%以上、粗脂肪:14.0%以上、 粗繊維質:4.0%以下、 粗灰分:6.0%以下、水分:10.0%以下

 

カルシウム:1.5%以上 リン:1.0%以上

 

オメガ3脂肪酸:0.5%以上 オメガ6脂肪酸:3.05%

 

カロリー:358.9kcal/100g

 

このフードの最大の特徴・・・というかアピールポイントが『アガリクス』配合です。日本名だとカワリハラタケ(学名:Agaricus blazei Murrill)といい、ハラタケ科に属するブラジル原産のキノコですね。

 

アガリクスって何となく『がん予防効果がある』ってイメージありませんか?これについて過度に期待してはいけません

 

アガリクスにはβグルカンって成分が多く含まれており、βグルカンは免疫力を高める効果がある。免疫細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞の活性化を高め、これががん細胞を攻撃してくれるから予防効果がある・・・みたいな理論ですが、これ科学的根拠はない。

 

ラットの試験で効果が認められたって実験もありますが、そもそもラットの試験です。犬への効果が認認められたって発表もありますが、内容読んでみるアガリクスが影響しているかと言えば微妙。

MSフードアガリクスの担癌犬に対する1年間給与試験

 

つまりはこの手の効果は『あったら良いな』程度に思っておいて、過度に期待してはいけないって事です。

 

で、冒頭に『HUG BOX』を例に出しましたが、薬でもないのに病気が治る効果をアピールするのって薬機法違反になります。ドッグフードってその辺めちゃ緩いので、特に国産のプレミアムドッグフードって薬機法的にどうなの??ってフードが散見されます。

 

がん予防系以外だと『涙やけ』とかひどいですよね。一体何を根拠に・・・みたいなフード多いですが、過度に期待させるような表現をしているフードってコスパ悪過ぎるフード多いので注意して下さいね。法律守ってない時点で信用する価値ない。お金儲けしか考えてないので。

 

ドッグフードで重要なのはそういう効果がイマイチ分からない成分よりも『ベースが良質な原料で保証成分が愛犬に合っているか』です。

 

ちなみに今回紹介するアーテミスはそういう誇大広告はしていないので安心して下さい

 


アーテミス・アガリクスは価格もリーズナブルなプレミアムドッグフード|同価格帯と比較

アーテミス アガリクスI/Sですが、ネットショッピングでの販売価格は8,580円/6.8kg包装。kg単価だと1,262円/kg(3kg包装だと1,650円/kg)。

 

細かな評価は後でしますが、この配合内容でこの価格はまあ妥当。

 

アーテミスはアメリカ原産のフードとなりますが、1988年に設立されたメーカーで歴史も長く信頼感もある。ペットショップなどでも取り扱いしている事も多く購入もしやすい。

 

ホームセンターで売っている格安フードを与えていたが、もう少しちゃんとしたフードを与えたい。ロイヤルカナンとかヒルズを与えていたが良いフードなのか疑問を抱くようになった・・・

 

それでアーテミスに切り替えた。そんな人が多いイメージですね!

 

同じような立ち位置のフードとして【ニュートロ シュプレモ】が挙げられます。ちょっと原料表示と成分値を見てみましょう。

 

シュプレモ 小型犬用 成犬用 総合栄養食
【原材料表示】

チキン(肉)、チキンミール、モロコシ*2、オーツ麦*3、玄米*4、鶏脂*1*5、タンパク加水分解物、ラムミール*6、サーモンミール*7、粗挽き米、ビートパルプ、大麦*3、亜麻仁*2*8、チアシード*2*3*8、ココナッツ*9、乾燥卵、トマト*2、ケール*2、パンプキン*2、ホウレン草*2*10、ブルーベリー*2、リンゴ*2、ニンジン*2、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
*1 ミックストコフェロールで保存 *2 抗酸化成分含、*3 食物繊維含、*4 ビタミン、ミネラル含、*5 ω-6脂肪酸含、*6 カルニチン、ビタミンB群含、*7 DHA、EPA含、*8 α-リノレン酸含、*9 中鎖脂肪酸、カリウム含、*10 鉄分含

【保証成分】

粗たんぱく質:26.0%以上、粗脂肪:17.0%以上、 粗繊維質:4.0%以下、 粗灰分:10.5%以下、水分:10.0%以下

 

カルシウム:1.5%以上 リン:1.0%以上

 

オメガ3脂肪酸:0.65%以上 オメガ6脂肪酸:3.3%

 

カロリー:375kcal/100g

 

品質が良い、悪いという意味ではなく保証成分上のスペックとしてはシュプレモの方が若干上です。周りのワンコと比べて運動量がちょっと多い気がする。アーテミス与えているがちょっと毛並み・艶がよくない気がする、そんな場合はシュプレモでも良いかと。

 

逆にシュプレモ与えているが体重が増えてきている。ニュートロって過去にリコール起こしているので嫌。マース傘下のメーカーなので気に食わない・・・とか、そんな場合はアーテミス試してみると良いかもですね。

 

アーテミス・アガリクスの原材料品質・原料表示の情報量(20点/30点)

ではここからはいつものように使用原料・保証成分を細かく見ていきます!

 

アーテミス・アガリクスは小粒・中粒は配合内容同じでサイズの違いだけ。ダイエット用にヘルシーウェイトもありますが、今回は普通の成犬用を中心に解説していきます。

 

アーテミス・アガリクスの使用原料について(10点/15点)

ではもう一度使用原料を見ていきましょう。

 

使用原料

フレッシュチキン・ドライチキン・フレッシュターキー・大麦・玄米・オーツ麦・黍・えんどう豆・えんどう豆粉・ドライターキー・鶏脂肪(混合トコフェロールによる保存処理)・トマト絞り粕(リコピン)・チキンスープ(天然風味料)・フレッシュダック・フレッシュサーモン・卵・フラックスシード・サーモンオイル(DHA 源)・ドライ魚肉・塩化コリン・乾燥チコリ根・ケルプ・人参・リンゴ・トマト・ブルーベリー・ほうれん草・クランベリー・ローズマリーエキス・パセリフレーク・グルコサミン塩酸塩・L カルニチン・ラクトバチルスアシドフィルス菌・ビフィドバクテリウム ラクティス・ラクトバチルスロイテリ・エンテロコッカスフェカリス EF2001・アガリクス・ビタミン E・キレート鉄・キレート亜鉛・キレート銅・硫酸第一鉄・硫酸亜鉛・硫酸銅・コンドロイチン硫酸・ヨウ化カリウム・チアミン硝酸塩・キレートマンガン・酸化マンガン・アスコルビン酸・ビタミンA・ビオチン・パントテン酸カルシウム・硫酸マンガン・亜セレン酸ナトリウム・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ビタミンB12・リボフラビン・ビタミンD・葉酸

 

動物性原料およびタンパク質源について

ドッグフードでは配合量の多い順に原材料を記載するルールがあり、最も最初に記載されているものを『第一原料』と呼びます。アーテミス・アガリクスの場合は『フレッシュチキン』が第一原料。生の鶏肉ですね。ちなみに正規代理店のページには『冷凍肉、野菜不使用の冷蔵保存のみ』と記載されています。ここは評価高いですね。

 

続いて『ドライチキン』、『フレッシュターキー』と続きます。原料の割合表示(%)がされていないのであくまでも予想となりますが、動物性タンパク源の割合としてはそれなりに期待できます。第一原料はフレッシュチキンでこれは水分値が多い生肉なので当然ですが、2番手、3番手が乾燥系原料の動物性原料。

 

2番手、3番手が乾燥動物性原料でそれよりも大麦・玄米が重量比低い、ここは期待して良いでしょう。

 

ただし【大麦・玄米・オーツ麦・黍・えんどう豆・えんどう豆粉】とタンパク質を含む植物性原料を細かく配合する事で【フレッシュチキン・ドライチキン・フレッシュターキー】を上位に表示させやすくする。また特にえんどう豆粉からのタンパク供給がそれなりにある。これはあると思います。

 

後ろの方にフレッシュダッグ、フレッシュサーモン、卵などもありますが、生の状態でこの位置なら大した量は入っていません。

 

アーテミスはそこまで高額なフードではありません。プレムアムドッグフードとしてはリーズナブルな部類です。価格を考慮すれば非常に良い内容と感じます。

 

あとは乾燥系原料ですが、これは生肉のみだとタンパク値確保しにくいため使用されますが、どのような乾燥工程なのか?ここが品質に大きく影響します。これが日本の正規代理店サイト、あとアメリカの公式ページを見ましたが記載なし。ここちょっと詳しく説明して欲しかったところ。

 

脂質源について

次に脂質源について。このフードだと脂質源として『鶏脂肪』『フラックスシード』『サーモンオイル』が使用されています。鶏脂肪はオメガ6脂肪酸源。フラックスシード(亜麻仁)とサーモンオイルはオメガ3脂肪酸源ですが、亜麻仁に含まれるオメガ3脂肪酸はαリノレン酸となり、犬が利用しにくいもの。

 

なのでサーモンオイルを使用しているのは評価できるポイントですね!

 

亜麻仁とサーモンオイルの違い

 

その他原料および使用原料まとめ

アガリクスについては既に説明した通り。その他の原料としては腸内環境を整えるプロバイオティクス類等が入って、不足したものをビタミン・ミネラル添加で補う。アガリクス要素を抜けば一般的なプレミアムドッグフードと変わらない内容です。

 

ここに原料項目での評価をまとめておきます。

評価項目 点数 備考 採点 ※満点は15点
【タンパク質】
高品質と納得できる原材料を使用しているか? -5〜5 冷凍原料不使用 3点
動物性原料が主なタンパク質源と納得できるか? -5〜5 2点
乾燥系原料の品質は良いものを使用しているか? -5〜3 レンダリング原料ではない 2点
その他オリジナリティなど加点要素 0〜3 0点
【脂質】
オメガ3脂肪酸について考慮された原料か? -3〜3 3点
その他オリジナリティなど加点要素 0〜1 0点
【その他】
機能性原料を使用しているか?(プロバイオティクスなど) 0〜1 1点
その他オリジナリティなど加点要素 0〜1 アガリクス 1点
10点/15点

 

アーテミス・アガリクスの原材料表示の情報量について(10点/15点)

ドッグフードの原材料表示は使用割合の多いものから記載するルールがありますが、各原料が何%配合されているかまで記載する義務はありません。

 

アーテミスの原料表示を見てみると残念ながら割合(%)表示はされていない。

 

この割合表示ってあまり重要視していないサイト多いですが、めちゃくちゃ大事。%表示をしなければいくらでも誤魔化しができます。だって私が飼料メーカーで働いているときに配合設計も嫌というほどしていましたが、%表示しなくて良いなら人間ウケする見た目の原材料表示って簡単に作れますからね。作っていたし・・・

 

おそらくですね、他サイトで%表示を重要視していない理由ってアフィリエイト絡んでいます。国産のアフィリエイト報酬高いフード売るためには%表示の項目を入れてしまうとマイナス要素になるから。

 

国産フードとアフィリエイト、そしてOEMについてはこの記事でまとめています。この記事は良いフードを探したい!って考えている方全てに読んで欲しい記事です!!

国産ドッグフードランキングを見て購入する前に『フードの特徴』を理解しよう!

 

当サイトでは必要最低限の表示の場合は10点で採点しています。また中には全て%表示しているフードもありますが、動物性原料のみ%表示していても十分と考え満点で採点しています。

 

アーテミスについては10点/15点の評価です。

 

アーテミス・アガリクスの栄養成分値・バランス(20点/20点)

次に栄養成分について。保証成分はこちら

 

保証成分

粗たんぱく質:24.0%以上、粗脂肪:14.0%以上、 粗繊維質:4.0%以下、 粗灰分:6.0%以下、水分:10.0%以下

カルシウム:1.5%以上 リン:1.0%以上

オメガ3脂肪酸:0.5%以上 オメガ6脂肪酸:3.05%

カロリー:358.9kcal/100g

 

当サイトでは栄養成分値の項目に関しては基本的に満点評価となります。同一犬種であっても運動量も生活環境だってそれぞれ違う。ベストな栄養成分なんてものはありません。

 

このフードはそこまでタンパク値高くなく、多くのわんこに需要あるスペックですね。ペットショップで取り扱いが多いのもよく分かります。フード何が良いか悩んでいる方はまずこれくらいのスペックから試してみるのがオススメですよ!

 

栄養成分値についてはどれも基本的には減点していませんが、脂肪酸数値が記載しているかどうか?またそのバランスについては評価項目にしています。アーテミスについてはしっかり記載されており、その数値(バランス)も問題ないと判断します。

 

評価項目 点数 備考 採点
【脂肪酸数値】
オメガ3およびオメガ6の数値について記載がある 2 成分表示表に記載あり 2点
オメガ3およびオメガ6脂肪酸のバランスが良いと判断できる。 3 オメガ3:0.5% オメガ6:3.05% 3点

 

アーテミス・アガリクスは安全への取り組みを行なっているか?(5点/20点)

当サイトでは安全への取組について①アレルギーの対策、②安全性に関わる認証制度など取得しているか、この2点を特に重要視しています。

 

まずアレルギーについてですが、正規代理店ページには『アレルギーの原因になりやすい肉副産物・人工保存料・着色料は使用していません』と記載されています。これらがアレルギーになりやすいかどうかは微妙なところ。どちらかと言うとフードの安全性に該当する気も・・・

 

フードの内容としては小麦不使用の小麦グルテンフリーのフードとなります。小麦は確かにアレルギーになりやすい原料ではありますね。

 

ドライフードって特殊なものを除き、粒を形成するための増粘剤的な意味合いで小麦とか米、イモ、トウモロコシなど炭水化物源も必要なんですよ。ただ小麦は間違いなくアレルギーの傾向が高いって分かっています。

 

ロイヤルカナンの発表した犬の食物アレルギー原因原料グラフ

royal canin grain free diets or badより

 

これを見ると小麦(Wheat)はまあまあ割合高い事分かりますよね。そしてネットで悪い原料の代名詞『トウモロコシ(Corn)』は案外低かったりする。なんかグレインフリーが良い・・・みたいな風潮ありますけど、アレルギーって観点ではあまり気にしなくて良いですよ。

 

グレインフリーはマーケティング的な要素が大きく、また一種の流行のようなもの。肥満に関係するGI値の話になってくるとグレインフリーも意味がありますが、アレルギーに関しては小麦を避けた小麦グルテンフリーで良いと考えてます。

 

次に『安全性に関わる認証制度』について。最近だとドッグフードの製造工場も安全に関わる認証制度を取得する流れになっています。私も飼料メーカーで働いているときにISO関連で苦労した経験から言わせてもらうと、この手の認証制度ははっきり言って工場側としては面倒くさいです。

 

ただ『安全管理を徹底しています!』とか口では何とでも言えますが、その根拠は??ってなった場合にやはり認証制度はあった方が良いし、実際に認証制度によってはかなり厳しく審査されるのであった方が良い。そう考えています。

 

で、このアーテミスですが1988年設立のわりと老舗のメーカーなんですが、その手の情報が全然ないんですよね・・・ここはちょっと残念。

 

ちなみに余談ですが、この安全に関わる認証制度で抜群に信頼度高いフードはベルギー産のプレミアムドッグフード『ブラバンソンヌ』です。

 

ISO22000という食品系でまあまあ難易度高い国際規格の認証制度があるのですが、それをもっと強化した『FSSC22000』という認証制度を取得しています。ブラバンソンヌってタンパク値27%、脂質16%とそこまで高すぎないスペックですので、安全性について信頼できるフードを探している、って方はこれオススメですよ。

 

少し脱線しましたが、アーテミスの評価をまとめます。

 

評価項目 点数 備考 採点 ※20点満点
【食物アレルギー】
小麦を使用していない 5 小麦グルテンフリー 5点
その他何かアレルギーに関する取り組みなど 0〜5 0点
【安全に関わる認証制度】
安全に関わる認証制度を取得しているか? 0〜5 0点
安全性に関わる独自の取り組みなど 0〜5 0点
5点/20点

 

アーテミスの製造方法について(5点/10点)

アーテミスドッグフードの実物

当サイトではドッグフードがどうやって製造されているか?これについても評価項目に入れています。

 

アーテミスはドッグフードを製造する方法としては一般的なエクストルーダーによる製造ですね。エクストルーダーはどんなものか?また他にどのような製造方法があるのか?興味のある方はこちらの記事を読んでみて下さい。

 

 

当サイトは製造方法についてただ単にエクスルーダーで製造した場合は5点/10点で評価しています。ここから公式サイト上で製造方法に詳しく説明している。もしくは独自の工程や原料を使用してエクストルーダーの弱点をカバーしている。そういう要素があれば加点しています。

 

アーテミスについては5点/10点にしておきます。

 

アーテミス・アガリクスは人工の酸化防止剤・着色料を使用していないか10点/10点

これについては問題ありませんね。人工の酸化防止剤や保存料、意味のない着色料などは使われておりません。

 

アーテミス・アガリクスはスペックに見合った価格であるか?5点/10点

最後に問題の価格について。

 

当サイトでは単純な価格ではなく、スペックに見合った価格なのか?これを考慮して採点しています。容量別の価格はこちら。

(価格は総代理店で株式会社ケイエムテイで掲載されている価格)

 

アーテミス アガリクスI/S 税込価格 kg単価
1kg包装 2,420円 2,420円/kg
3kg包装 4,950円 1,650円/kg
6.8kg包装 8,580円 1,268円/kg

 

なんですが実はアーテミスって総代理店に記載されていない13.6kgの大袋があって、それだと楽天などネットショップで16,390円/13.6kg、kg単価だと1,205円/kg。一応これが最安値になりますが、6.8kg包装との価格差はそこまで大きくないので、ほとんどの方は多くても6.8kg選びそうですね。

 

ドッグフードって容量多ければ単価は安くなります。ただ消費に時間かかるし、酸化が怖い。そんな場合は真空保存容器が便利ですよ!

 

 

でね、アーテミスの価格についての評価ですが5点/10点にします。というのも最近評価基準について悩んでいて、このアーテミスをベンチマークにしようかと。ベンチマークとはつまり『基準』ですね。アーテミスのスペックに対してこの価格を5点として、それよりお得感あればプラスに、みたいな感じで。

 

アーテミス自体はほんとスペックに対して妥当な価格だと思うんですよね。という訳でこれが基準です!

 

アーテミス・アガリクスの総合評価は65点!低く見えるがこれを基準としますので!

価格の項目で言いましたが、このフードをベンチマークにして各フードを評価してく事にしました。

 

当サイトは『公平』に評価する事を心がけていますが、なんと言いますかやはり良いフードを応援したい気持ちが出ちゃっている・・・それを感じる事もある。それで悩んでいました。

 

なので今回価格以外も今までより評価項目を詳細に設定して、厳しめ評価にする事にしました!

 

もちろん今まで投稿しているドッグフードの評価記事については修正します。

 

で、これを基準とするのでアーテミス自体の評価が分かりにくくなりますが、このフードはほんととりあえず試すには良いフードだと思っています。愛犬の調子良ければそのまま継続すれば良いし、スペック自体も中間値くらいなのでフードの切り替えするにしても分かりやすい。

 

当サイトがベンチマークしたように、皆さんもこれをベンチマークにしてフード考えるのも良いと思いますよ!!

 

 

では今回はこの辺で。こちらに当サイトで評価の高かったフードをまとめたランキング記事を作成しています。フード選びに迷ったらこちらもぜひ参考にしてみて下さい。

ドッグフードおすすめランキング表|6項目で公平な評価をしています

 

 

 

 

-ドッグフード評価記事
-